死の棘・アスベスト - 加藤正文

アスベスト 加藤正文

Add: yxuhu88 - Date: 2020-12-18 10:59:12 - Views: 9880 - Clicks: 5722

定価¥1,870(税込) 死の棘・アスベスト作家はなぜ死んだのか/加藤正文(著者)/新品本・書籍/ブックオフオンライン/ブックオフ公式通販・買取サイト。. Amazonで加藤 正文の死の棘・アスベスト - 作家はなぜ死んだのか。アマゾンならポイント還元本が多数。加藤 正文作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 6: ものづくりの現場から : まちの希望がここにある: 加藤正文, 綱本武雄 編 ; 小関智弘, 大久保裕晴, 大裏篤, 玉木新雌, 宮永英孝, 吉田修 述: かもがわ:.

重機がうなりをあげて建物を壊していく。むき出しの鉄筋、破砕された建材、積み上がる膨大ながれき、舞い上がる粉じん. 7ポイント(1%) 通常配送料無料. 単行本 ¥660 ¥660. 中古本を買うならブックオフオンラインヤフオク!店。まとめ買いで更にお得に!! タイトル 死の棘・アスベスト 作家はなぜ死んだのか 作者 加藤正文 販売会社 中央公論新社/ 発売年月日 /06/ご入札する前にご確認いただきたいこと. 大震災の発生でどれだけの石綿が飛散したのか、完全な把握は難しい。とはいえ、できることはある。まず、アスベストを含んでいた建物の倒壊した地区を中心に、当時の住民や解体・撤去にかかわった労働者らを登録し、健康診断を継続しなければならない。土木工事に他府県から多くの労働者が神戸・阪神間にやってきた。これはボランティアも同じだ。アスベストに暴露したというリスクを本人に周知させ、健康診断を受けなければならない。 もう一つ必要なのは、私たちの住む街にいったいどれぐらいの石綿が蓄積しているのか。神戸市は固定資産税台帳によって建物の建築年次を調べ、アスベストの飛散可能性のあるものをチェックしている。これは公表していないが、地図に落とし込んでいるので、アスベストマップとしても活用できる。 「大震災の発生時、ふだんは見えない社会の課題を示す窓が開く。その窓はごく短い期間に閉じてしまう」。阪神・淡路大震災のちょうど1年前の1994年1月17日、米カリフォルニア州ロサンゼルス市ノースリッジで起きた大震災の報告書にはこんなフレーズがある。窓が開いているうちに、根本的な対策がとれるか。神戸で生かせなかった阪神・淡路の教訓を、東日本で生かさなければならない。これは石綿問題にとどまらず、私たちの社会の未来にかかわる問題である。. 「勝訴」「最高裁、国を断罪」。原告側の弁護士の旗が出ると、最高裁前に詰めかけた被害者らから拍手がわいた。2014年10月9日、石綿を吸って肺がんや中皮腫などを患った大阪・泉南地域の元工場労働者らによる国家賠償請求訴訟で、最高裁は国の賠償責任を初めて認める判決を言い渡した。 「労働環境を整備し、生命、身体に対する危害を防止するために、国は技術の進歩や医学知識に合うように適時適切に規制権限を行使すべきだ」。この「適時適切」という理念を盛り込んだ判決が確定するまでに、どれほどの苦難があったことだろう。病気に斃れた無数の声なき声が、100年もの長い時を超えて重い扉をこじあけたのだ。 関西空港の対岸、大阪府泉南市、阪南市を中心とする泉南地区は、日本の石綿紡織産業の原点の地だ。中小零細の工場が集積し、戦前は軍需産業、戦後は自動車や船舶、機械などの基幹産業を支えた。最盛期には約200社が稼働し、約2千人が就労したという。戦前から石綿紡織工場の全国一の集積地として発展した。 主な製品は、石綿を主原料に綿花などを混紡した糸、そして、この糸を布状やひも状に加工したものだ。耐熱性、絶縁性にすぐれ、各種パッキング、蒸気機関車などの防熱ふとん、自動車の摩擦材などに幅広く使われた。「小はランプの芯から、大は重化学工業の発熱部を覆う断熱材として欠かせなかった」(柚岡一禎・泉南地域の石綿被害と市民の会代表)。あちこちに工場が点在し、「街全体が石綿工場のようだった」といわれるが、今の街並みからは想像もつかない。高度成長期をピークに生産は次第に先細り、産地は消えた。長年、数多く労働者や住民が石綿による肺の病気で苦しんできたが、2006年、石綿対策の不備について国の責任を問う集団訴訟が提起されるまで知る人は少なかった。「国は石綿の危険性を知っていた、対策を取ることもできた、でも、やらなかった」。長い間、隠されてきた被害が表に出た瞬間だった。 戦前の調査がある。国は1937(昭和12)年、泉南地区の被害をつかんでいた。旧内務省保険院の調査で、労働者の石綿肺罹患率が12・3%に上ることが判明した。担当医師らの「有害工業に属し法規的取り締まりを要する」との警告が残る。だが、国はこれに対して不十分な症例調査にすぎないとの立場をとった。その後も罹患率は10%を下回らず、労働基準監督署が調査を重ねた。しかし、. シ ノ トゲ・アスベスト : サッカ ワ ナゼ シンダ ノカ. 新刊読書寸評『死の棘・アスベスト 作家はなぜ死んだのか』加藤正文著。藤本義一は中皮腫で死んだ。身に覚えがない。住んだ堺も工場があって、尼崎と並ぶ。それは阪神大震災でのことだった。見えない恐怖がそこにある。スノーダストと夏でも雪。.

【メール便送料無料、通常24時間以内出荷】。【中古】 死の棘・アスベスト 作家はなぜ死んだのか / 加藤 正文 / 中央公論新社 単行本【メール便送料無料】【あす楽対応】. 死の棘・アスベスト 作家はなぜ死んだのか - 加藤正文/著 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。. Pontaポイント使えます! | 死の棘・アスベスト 作家はなぜ死んだのか | 加藤正文 | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!. 手元にアスベスト(石綿)の原石がある。白く毛羽だった繊維のついた蛇紋岩。カナダ・ケベック州の鉱山都市セッドフォード・マインズの取材時にもらったものだ。 壮大な露天掘りの鉱山に立ったとき、上流から下流へ流れる川のように、採掘された石綿が輸出され、港から工場に運ばれ、加工され製品となり、最後に瓦礫として廃棄される様子がまざまざと脳裏に浮かんだ。熱や引っ張りに強く、燃えない。そして何より安い。産業革命とともに本格利用が始まり、各国の経済成長を支えた。その用途は建材、水道管、パッキング、シール材、ブレーキ材など実に3千種類に及んだ。 かつては「奇跡の素材」と喧伝され、有害な「悪魔の素材」にもかかわらず、大量に使われた。日本は1千万㌧を消費した。1970年代にWHO(世界保健機関)やILO(国際労働機関)が発がん性を指摘したのに、日本が使用禁止にしたのは前述のとおり2006年。建物など社会のあちこちに蓄積(ストック)された石綿。髪の毛の5千分の1の微細な繊維は吸引すると長い潜伏期間をへて中皮腫や石綿肺などの病気を引き起こす。「生産・流通・消費・廃棄の経済活動の全局面で複合的に影響を与えるストック災害」(宮本・大阪市大名誉教授)とされる。近代化の初期に大量使用され、経済成長が一段落するころに「死の棘」の本性をみせる。これが複合型ストック災害の恐怖だ。 日本で中皮腫による死者は2006年から毎年千人を超え、10年は1209人、11年1258人、12年は1400人、13年は1410人と増加。兵庫、大阪、東京、神奈川で多い。石綿を扱う工場などで働いたことがないのに病気になった人の数は中皮腫と肺がんで8千人を超え、その半数が亡くなっている。 一方、労働災害として認定される人の数は毎年千人を超えている。高度成長期に起きた四大公害事件よりも被害者が多くなるのは間違いない。規制の決定的に遅れを踏まえると、被害のピークは2030年と予測される。. 死者6434人、家屋全壊約10万棟、半壊約14万棟。現場は異常事態であり、緊急事態だった。 「最悪の労働環境だった」。解体や瓦礫処理に携わった労働者たちの証言だ。神戸市兵庫区で工務店を経営する男性(81)は振り返った。「マスクどころか、タオルもまかずに仕事した。石綿が危ないなんて考える余裕はなかった」「防護シートを張らずに解体した。飛散を防ぐために水をまこうにも、水道管が壊れて水は出なかった」 発生約1カ月後から一斉解体が始まった。無数の業者が被災地に集まり、神戸だけでも100件、兵庫県内で200~300件の解体が同時に進行したという。住民への情報開示、飛散対策が積み残されたまま、混乱の中、大量解体が進んだ。一体、どれだけの粉じんが街中を舞ったのだろう。当時、がれきの街を取材で回りながら、のどがいつもいがらっぽく、目が痛かった記憶が残る。 都市では高度成長期以降、郊外型の開発に力が注がれ、インナーシティーと呼ばれる中心部の再開発は遅れてきた。ニュータウン開発に力を入れた神戸では、とりわけインナーシティー問題は課題となっていた。そこには石綿を含む老朽建築物が数多く取り残されており、災害対策としても石綿に十分注意が払われてこなかった。震災時の兵庫県地域防災計画には環境保全の記述はなく、10年後の復興10年委員会の「総括検証・提言報告」にもアスベストの文字は一カ所もない。 「これは単なるアスベスト対策の欠陥ではなく、日本の都市政策、災害対策、復興政策の欠陥と関連している」(宮本、森永、石原編『終わりなきアスベスト災害』岩波書店、2011)。この指摘が重くのしかかる。 しかし、自治体の対応は鈍いといわざるを得ない。東日本大震災の起きる1年前の10年5~8月に掛けて立命館大は全国の自治体に地域防災計画に震災時アスベスト対策を盛り込んでいるかどうかを調査した。結果、72・5%が「現在、盛り込んでおらず、特に盛り込む予定はない」と回答。そのうち、環境省が07年に策定した災害時の石綿飛散防止マニュアルについても、「認識していない」「確認していない」としたのは5割超。 これが日本の石綿対策の実情である。そこに東日本大震災が起きたのだ。. 東北の被災地に点在する瓦礫の集積場で遊ぶ子どもたち。倒壊した建物の前で、マスクをつけずに普通に歩く中高生.

アスベスト公害はまだ終わってはいない。 石綿が舞った過去と現在をつなぐ渾身のノンフィクション。 死の棘・アスベスト / 加藤 正文【著】 - 紀伊國屋書店ウェブストア. 6 形態: 252p : 挿図 ; 20cm 著者名: 加藤, 正文(1964-) 書誌ID: BBISBN:X. 加藤 正文『死の棘・アスベスト - 作家はなぜ死んだのか』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約4件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. See full list on gendainoriron. 神戸新聞論説委員、加藤正文=『死の棘・アスベスト 作家はなぜ死んだのか』(中央公論新社)の著作に対して; 添田孝史=『原発と大津波 警告を葬った人々』(岩波書店)の著作に対して.

死の棘・アスベスト - 作家はなぜ死んだのか - 加藤正文 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 死の棘・アスベスト/加藤正文のセル本は【tsutaya 店舗情報】です。. 死の棘・アスベスト : 作家はなぜ死んだのか. 加藤正文著 『死の棘・アスベスト作家はなぜ死んだのか』 (年・中央公論社) 『大阪・泉南アスベスト国賠訴訟最高裁判決』 (年・労働法律旬報1837号) 永尾俊彦著. 【定価89%off】 中古価格¥200(税込) 【¥1,670おトク!】 死の棘・アスベスト作家はなぜ死んだのか/加藤正文(著者)/中古本・書籍/ブックオフオンライン/ブックオフ公式通販・買取サイト。. 死の棘・アスベスト : 作家はなぜ死んだのか フォーマット: 図書 責任表示: 加藤正文著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 中央公論新社,.

朝日・書評 島田雅彦・評 山田康弘『老人と子供の考古学』(吉川弘文館)「すでに生産活動の一線から退いた老人と、これから生産、労働に従事する子どもは、死と再生の円環のつなぎ目になっている。. ショッピング!最安値情報や. 【中古】 死の棘・アスベスト 作家はなぜ死んだのか /加藤正文(著者) 【中古】afb. 時がたち、阪神・淡路大震災の生々しい記憶が遠ざかる中で、石綿関連疾患の発症が相次いでいる。2008年3月、震災時の解体作業で石綿を吸ったため、がんの一種、中皮腫になったと訴えた兵庫県内の30代の男性を、姫路労働基準監督署が労災認定した。震災時作業による労災認定は初のケースだった。石綿の被害は潜伏期間が十数年~40年とされる。「震災による石綿疾患はいずれ爆発的に発生する」と、かねて懸念されてきただけに、いよいよ来たのか、という覚悟を迫る発症の報告だった。 2009年5月、芦屋市の男性=当時(80)=が労災認定された。中皮腫と診断されたのは2007年。元建設会社の営業マンで、震災後の95年10~11月、人手が足りず、解体作業で現場監督を務めた。重機の巨大なハサミが建物をつかむと、左右に10メートルほど粉じんが広がった。労災を申請すると、労働基準監督署は建設会社に勤務していた77~98年の約22年間に石綿に触れたと判断した。しかし、渾大防さんは「営業マン時代、建設現場に出ることはほとんどなかった。石綿を吸い込んだのは、震災時の現場監督時代しか思い当たらない」と話す。13年暮れ、男性は死去した。 2012年8月には、宝塚市内の男性(11年に65歳で死去)も労災認定された。この男性は衣料品販売をしていたが、震災で仕事ができなくなり、1995年2月、作業服に着替えてアルバイトとして工務店で勤務した。民家からずり落ちた瓦を集め、屋根にブルーシートをかけた。マンションの改修工事にも立ち会った。マンションの室内では職人が壁や天井をはがしたり、電動のこぎりで建材を加工したりしたため、相当量の粉塵が部屋にたちこめた。妻(67)は今、夫のかぶっていた野球帽にほこりがたくさんついていたことを思い出す。工務店のアルバイトはわずか2カ月。この間に石綿を吸い込んだ。16年後に中皮腫を発症し、2011年10月に死去した。妻は悲しみを口にした。「がれきの中のアスベスト(石綿)のことなんて考えもしなかった。お父さんは悔しかったと思う。同じ哀しみを東北の被災地で決して繰り返さないでほしい」 同じ月、兵庫県内に住む別の70歳代男性も神戸東労働基準監督署から労災認定されたことも判明。3年近く瓦礫処理作業に携わったという。労災認定などで表面化する被害だけで5人。その背後で、解体、瓦礫収集、運搬、処理などの. アスベスト問題が労災を超えた公害であることを明確に示したのは、2005年6月に起きた「クボタショック」である。ショックたるゆえんは、工場の元従業員のみならず周辺住民の間で中皮腫が多発していることが発覚したからだ。中皮腫は石綿に起因する極めて予後の悪い特異性疾患だ。それが工場の周辺に広がっていた。発症状況を地図に落とすと、この特異な病気が工場の半径4キロにわたって広がっている状況が浮き彫りになる。 2014年9月末時点で周辺住民と元従業員の死者は435人となり、アジア最悪の被害となっている。住民の被害者は263人で、元従業員(172人)を上回る。「俺、何か悪いことしたか」「1億円もらったってこんな病気、嫌」「クボタによる陰湿な殺人」「健康な体を返してほしい」―。不条理に命を奪われた患者たちの言葉はあまりに重い。 クボタの社長は道義的責任から謝罪し、原則半径1キロの発症については救済金を支払ってきたが、肝心の因果関係についてはいまだに認めようとしない。「お見舞い金の延長」(首脳)という見解にとどまる。. 加藤正文 | プロフィール | HMV&BOOKS online | 神戸新聞経済部次長兼編集委員。1964年、兵庫県西宮市生まれ、尼崎市育ち。. 小説・エッセイ / 科学・技術.

。危険物質は数多くある。 東日本で阪神・淡路とは決定的に異なる点がある。犠牲者の9割が建物倒壊による「圧死」が阪神・淡路なのに対し、東日本では死因の9割が津波による「溺死」だ。これはそのまま石綿被害にもあてはまる。破損した建物が津波で流され、そして有害なヘドロが沿岸部に拡散している状況を踏まえると、粉じんの飛散に伴う健康被害は、阪神・淡路大震災よりもはるかに広域になる危険性がある。 環境省は東北の被災地で11次にわたってモニタリング調査を行った。結果、1713地点のうち99・6%で問題がなかったという結果だった。「お. ることは、アスベスト被害者の救済にとっても、 新たなアスベスト被害の発生防止のためにも不 可欠です。 集会では、「死の棘・アスベスト 作家はな ぜ死んだのか」の著者・加藤正文氏と故藤本義 一氏のご長女の中田有子氏の講演をお願い。ア. 死の棘・アスベスト 死の棘・アスベスト - 加藤正文 作家はなぜ死んだのか/加藤 正文(自然科学・環境) - 【科学ジャーナリスト賞(第10回)】作家・藤本義一の中皮腫死は何を伝えるのか。. かつて「奇跡の素材」と喧伝されたアスベスト(石綿)は、有害な「悪魔の素材」にもか. 死の棘・アスベスト - 作家はなぜ死ん. 死の棘アスベスト : 作家はなぜ死んだのか. 新潮文庫 梯 久美子 狂うひと 「死の棘」の妻・島尾ミホ 対談 沢木耕太郎 r元年発行 定価1100円(税別) 現在 630円 ウォッチ 死の棘・アスベストの本の通販、加藤正文の本の情報。未来屋書店が運営する本の通販サイトmibonで死の棘・アスベストを購入すれば、ポイントが貯まります。本の通販 mibonでは理工書の本 新刊・既刊や雑誌など約250万冊の本が購入できます。.

(9/19時点 - 商品価格ナビ)【製品詳細:書名カナ:シ ノ トゲ アスベスト サッカ ワ ナゼ シンダノカ|著者名:加藤正文|著者名カナ:カトウ,マサフミ|発行者:中央公論新社|発行者カナ:チユウオウコウロンシンシヤ|ページ数:252p|サイズ:20】. 6 形態: 252p ; 20cm 著者名: 加藤, 正文(1964-) 書誌ID: BBISBN:X. 。「目に見えないアスベストが飛散しているから、できるだけマスクを」。そんな思いが募る。阪神・淡路大震災の被災地であまりに無防備だったからだ。 津波に根こそぎ奪われた東北の町は、当初は声を失う惨状だったが、その後、がれきの様子が気になった。宮城県石巻市。2012年秋に県立石巻商業高校(約580人)の隣に広がるがれきの集積場には驚いた。高い囲いが巡らされ、白い袋詰めされた膨大ながれきが積み上がっている。搬入された後、生徒から「喉が痛い」「目がかゆい」などの声が寄せられたため取られた措置だった。 がれきは、撤去、運搬、仮置き、処分の全過程で粉じんが発生する。倒壊家屋や破損した船舶には、ふきつけられたり、練り込まれたりした石綿がたくさん含まれている。当初、環境省の担当者は「津波で塩水にぬれ、石綿の飛散が抑制されている」としたが、乾燥が進み、破砕や運搬作業が進む中で、当然、飛散する。 がれきの総量は東日本2300万㌧、阪神・淡路2千万㌧だ。東日本大震災に特徴的なのは、沿岸には製紙業をはじめ、さまざまな工場があることだ。長期間、排水を流したことで、海底にはさまざまな物質が蓄積している。「津波は、海底に沈殿していたものを一気に陸に揚げた。産業廃棄物を含むヘドロは普通の泥ではない」と石巻赤十字病院の矢(や)内(ない)勝・呼吸器内科部長が警告する。発生2カ月後に訪れた際、海底にたい積したヘドロが津波で打ち上げられていた。臨海部にそびえる日本製紙石巻工場の周りを歩いていると、雨が降り出した。それまで白っぽかった泥が、雨にぬれると、どす黒く変色した。石綿、砒素、鉛.

死の棘・アスベスト-作家はなぜ死んだのか: 加藤正文: 中央公論新社: /06 発売 ( B6・252ページ ) isbn:. 中央公論新社,. 7: 工場は生きている : ものづくり探訪: 綱本武雄. 死の棘・アスベスト: 加藤正文 著: 中央公論新社:. 加藤正文カトウマサフミ 神戸新聞経済部次長兼編集委員。1964年、兵庫県西宮市生まれ、尼崎市育ち。大阪市立大学商学部卒業。89年、神戸新聞入社。経済部、北摂総局、阪神総局などに勤務。. インタビュー「アスベスト災害を問う」 宮本憲一 ほか: 東北へつなぐ: 加藤 正文: 災害の石綿禍: 加藤 正文: 被災地を覆う「死の棘」 加藤 正文: 阪神・淡路大震災で何が起きたか: 中部剛, 加藤 正文. 死の棘・アスベスト 作家はなぜ死んだのか /中央公論新社/加藤正文 (単行本) 中古ならYahoo! 加藤 正文 、 綱本 武雄 | /8/1.

· 『死の棘・アスベスト』を読む 表題と写真は、 年6 月に出版された神戸新聞経済部次長兼編集委員の加藤正文 さんによる「怒りと告発」の書である。 本の帯裏側には次のように記されている。かつて「奇跡の素材」と喧伝されたアスベ. 。東日本大震災の被災地で続いた光景は、1995(平成7)年の阪神・淡路大震災の状況と重なる。当時、全国から駆けつけた労働者たちは、復旧復興のためにひたすら解体作業に打ち込んだ。すぐそばではごく当たり前の日常生活が営まれていた。あたりを舞う粉じんに潜む「死の棘」の存在を、気に留めることはほとんどなかった。 来年1月で丸20年となる。神戸の街に震災のつめあとは感じられなくなった。順調に「復興」したかのように見えるこの街で、肺の奥に突き刺さった微細な繊維、アスベスト(石綿)が牙をむき始めている。がれき処理に関わった人が相次いで、石綿に起因するがん、中皮腫を発症しているのだ。吸引後、10数年から40年たって発症するのが石綿のリスクだ。 「チュウヒシュ? 俺が?」。2012年5月、兵庫県明石市にある県立がんセンターで思わず問い返した。医師の診断は「腹膜中皮腫」。高濃度のアスベスト(石綿)暴露で起きる病気だ。明石市環境部の男性=当時(48)=の仕事はゴミの収集業務だが、石綿との関連を考えるうちに、1995年の阪神・淡路大震災時に思い至った。 男性は当時、がれきの処理業務に奔走した。ブロックやスレート、木材など震災で全半壊した住宅のがれきをパッカー車に積んで、処分場に運んだ。波形スレートは半分に割って車に押し込んだ。2、3トン積みの車だったが、可燃であろうが、不燃であろうがお構いなしだったので「5、6トンは載せていた」。 処分場にがれきを投入する。荷重が重すぎて油圧で荷台が上がらないのでパッカー車の中に入ってがれきをかきだした。狭いパッカーの中はすさまじい粉じんだった。「使い捨ての紙マスクを2重にして使っていたけど、鼻の中まで真っ黒になった」。当時、焼却場は壊れていたのですべてのゴミを埋め立て処分場へ。破砕してブルドーザーでならした。舞い上がる粉じんとともにがれきはうずたかく積み上がった。 時は流れ、2011年暮れ、下腹部にできたしこりに気づいた。それが見る間に大きくなった。「当時、俺よりもたくさんアスベストを吸い込んだ人がいた。神戸に来ていたボランティアの人もそうだ。俺が病気になるというとは、これからもっと多くの人が発症するということ。入念な検査をみんなにしてほ.

死の棘・アスベスト - 加藤正文

email: qusyxer@gmail.com - phone:(209) 671-4630 x 3112

映像の世紀 独立の旗の下に [NHKスペシャル] - 銀行業務検定協会

-> 現代校長論 - 浦野東洋一
-> 福岡県・福岡市・北九州市のの特別支援学校教諭過去問 2017 - 協同教育研究会

死の棘・アスベスト - 加藤正文 - 女流短歌論 馬場あき子全集 古典和歌


Sitemap 1

アジア地域文化学の発展 - 早稲田大学アジア地域文化エンハンシング - 半沢公一 社労士試験 過去問題集