愚子見記 - 平政隆

愚子見記

Add: cogexuzu99 - Date: 2020-12-10 13:08:55 - Views: 524 - Clicks: 4364

「愚子見記」京都の棟梁 平 政隆の手記でこの本には 当時の請負形式について具体的な内容と手続きが詳細に記録されているのです。 その中には当時の請負について 業種別の手間請けと一括請負の二種類について記されています。. 愚子見記の研究 フォーマット: 図書 責任表示: 内藤昌編著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 井上書院, 1988. 江戸時代前期の法隆寺工匠・平政隆が記したもの 「竹ハ八月ノ闇ニ切テ良シ」とある。 これは旧暦の 8 月、つまり現在の 9 月から 10 月上旬ごろの「闇夜」 新月に切るとよいという意味なのです。. ※1 『愚子見記』 法隆寺に伝わる書、全九巻 大工棟梁 平政隆が書き記した万覚書き 天和3年(1683)筆写 ※2 『匠明』 幕府棟梁の平内家に伝わる桃山時代の木割書 五巻より成り、慶長13年(1608)の奥書がある。 ※3 五意達者.

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月; 注釈愚子見記: 今奥吉兵衛平政隆 著 ; 内藤昌 校注: 井上書院: 1988. 6 形態: 9冊 ; 14×20cm 著者名: 今奥, 政隆 書誌id: bnisbn:: セット). 頃,京都大工頭中井家配下の棟梁・平政隆によっ て著わ された 『愚子見記』(全9刪 が , 管見するところほと んど唯一である 。 しかし,これを先駆するものとして初 期和算書一『割算書』(全1冊 毛利勘兵衛重能 元和8 年〉. タイトル : 愚子見記作者 : 平政隆出版社 : 井上書院発売日 : 1988-06価格 : 寸法 : L㎜ x W㎜ x H㎜ (g)詳しくはこちら. , 28cm, 内藤昌(編著), 愚子見記の研究, 333p. 5-9-1: 愚子見記 9冊之内1 石居立柱建: 平政隆編著: 井上書院: 1988.

5-9-4: 愚子見. 愚子見記 フォーマット: 図書 責任表示: 平政隆編著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 井上書院, 1988. 戦国時代に記された武芸書。実戦的な記述が多く見られる。城攻めの方法やそれに対処する城の守り方、築城法などがつぶさに記されている。 三等級 日本: 愚子見記 ぐしけんき: 築城適性 上昇: 江戸時代、寺大工・平政隆が法隆寺へ献納した建築書。. 6 形態: 9冊 ; 愚子見記 - 平政隆 14×20cm 著者名: 今奥, 政隆 書誌ID: BN02459201. 愚子見記, 平政隆(編著), 愚子見記全九帖-法隆寺蔵本復刻-, 和綴9帖, 14×20cn, 内藤昌(校注), 太田博太郎(監修), 注釈・愚子見記, 1373p.

6 形態: 9冊 ; 14×20cm 著者名: 今奥, 政隆 書誌id: bnisbn:セット). (2) 愚子見記第五城郭――平政隆(大和二年〔一六八二〕ごろ覚書) (3) 信長公記 (4) 天守は天主・殿宝・殿守などと書かれる。 「梧窓漫筆拾遺」には某城の天守に天主教の神を祭ったことからおこったと説いている。. 澄英,同17年3月に平政隆に よっ て写本され,天和2 年(1682)に ’1fi政隆に よ っ て 『愚子見記』に記録された と考定される14 )。西岡家tt15。 『番匠之秘伝集』 E・ftdJ 表紙題箋に本文と異筆で 「参内之書」. 愚子見記(法隆寺蔵本完全復刻版<限定350部>平政隆)+注釈愚子見記+愚子見記の研究 sold out 数寄屋造りの詳細 吉田五十八研究 住宅建築別冊17. ① 『愚子見記 九』 (法隆寺所蔵) 筆写本,紺地紋入表紙,袋綴,1仰せ9冊) ,横本(13.

, 折表3, 折図2, 28cm 井上書院, 1988(建築歴史・意匠)(文献抄録) 津田 良樹 建築雑誌 (1283), 79-80, 1989-03. 6 形態: 1冊 ; 28cm. 『愚子見記』(ぐしけんき) 現在知られる最古の建築書は『愚子見記』で江戸時代前期の法隆寺の工匠で中井大和守支配下の幕府棟梁を勤めた平政隆が記したもの。長享3年(1489)に書かれた古い木割書である「三代巻」も含まれる。. 5-9-2: 愚子見記 9冊之内2 禁庭: 平政隆編著: 井上書院: 1988. 6: 大きさ、容量等: 1冊 ; 28cm: 注記 監修: 太田博太郎 注記 付 (8p) 注記.

書名: 愚子見記: 著作者等: 今奥 政隆: 書名ヨミ: グシケンキ: 巻冊次: 9冊之内1 石居立柱建 9冊之内2 禁庭 9冊之内3 社頭伽藍. 【資料11】『注釈愚子見記』平政隆/著 内藤昌/校注 太田博太郎/監修 井上書院 1933年 【資料12】『江戸城 将軍家の生活 中公新書45』村井益男/著 1964年 【資料13】『江戸城 築城と造営の全貌』野中和夫/著 同成社 年. 幕府棟梁を勤めた平政隆が編集しました。 愚子とは平政隆自身のことを言っており、 ① 陰陽学における家相論,環境・都城論.

キーワード"愚子見記"→本学所蔵なし、他館39館所蔵あり(世田谷6代学コンソーシアム校所蔵なし) →愚子見記 平政隆編著 井上書院 1988 9冊セット 法隆寺蔵本完全復刻版 限定150部. 注釈愚子見記 フォーマット: 図書 責任表示: 内藤昌校注 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 井上書院, 1988. 書名:法隆寺蔵本完全復刻版 愚子見記 全9冊+別冊2冊 著者:平政隆編著 太田博太郎監修 内藤昌校注 出版社:井上書院 発行年:昭和63年(1988) 備考:限定150部 別冊「注釈愚子見記」「愚子見記の研究」 書名:桂 katsura 日本建築における伝統と創造 著者. 1988年 愚子見記の研究表紙右上コワレ・補修有 (痛み・ヤケ・少汚れ・ヤケシミ・点シミ) / 冊数 : 11冊 / 刊行年 : 昭和63年 / 出版社 : 井上書院 / サイズ(判型): 14×20cm / ISBN :. 江戸初期の大工技術書『愚子見記』の著者。 同書に平政隆とあり,平姓も名乗ったが,今奥政隆が正式の名である。 承応3(1654)年に内裏造営に参加した功で出羽少掾となり,今奥出羽とも名乗っている。. 愚子見記 - 平政隆 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなの.

江戸時代前期の大工である平政隆(本名:今奥政隆)が記した建築に関する技術書『愚子見記』を井上書院が復刻・出版した『法隆寺蔵本完全復刻版 愚子見記 全9冊+別冊2冊』の古本を出張にて買取りさせていただきました。. 6 9冊之内1 石居立柱建 9冊之内2 禁庭 9冊之内3 社頭伽藍 9冊之内4 諸寺社 9冊之内5 屋舎. 6 形態: 330, iiip ; 28cm 著者名: 内藤, 昌(1932-) 書誌ID: BN02459846. 6: 愚子見記: 平政隆編著.

, 折表3, 折図2, 28cm 井上書院, 1988(建築歴史・意匠)(文献抄録) | 建築雑誌 | 1283. 愚子見記(ぐしけんき) 現存する最古(500年前)の建築書. 愚子見記 平政隆編著 井上書院, 1988. 【tsutaya オンラインショッピング】愚子見記<法隆寺蔵本完全復刻版>/平政隆 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの. 6cm) 幕府京都御大工頭中井家の技術を集大成したものとして知られる「愚子見記』 (石居立柱建,. 「愚子見記」平政隆(編著)、全九帖、天和頃成立か 一大塔 7間3尺四方 一宝塔院 5間3尺6寸四方 俗曰琴塔図有 「八幡末社御朱印高之覚」天明7年(1787) 宝塔院 ヲモテ南面大日北面毘沙門 大塔 釈迦多宝.

平 政隆: 編 井上書院, 1988年, 江戸時代前期の法隆寺の工匠 平政隆によって記された日本最古の建築書とされる『愚子見記』。 本書は、井上書院創業35周年記念して、その幻の書を限定350部にて完全復刻したもの。. 5-9-3: 愚子見記 9冊之内3 社頭伽藍: 平政隆編著: 井上書院: 1988. 愚子見記の研究: 内藤昌編著: 井上書院: 1988.

注釈愚子見記: 著者: 今奥吉兵衛平政隆 著 著者: 内藤昌 校注: 著者標目: 平, 政隆: 著者標目: 内藤, 昌,: 出版地(国名コード) JP: 出版地: 東京: 出版社: 井上書院: 出版年月日等: 1988. いわれるもので、 江戸時代前期の法隆寺工匠で中井大和守支配下の.

愚子見記 - 平政隆

email: vykezogy@gmail.com - phone:(933) 861-3383 x 1749

消えちゃえばいいのに - 和智正喜 -

-> 衛生管理者試験問題 - 国家試験受験対策部
-> マーラー

愚子見記 - 平政隆 - 日本企業のCSR経営 谷本寛治


Sitemap 1

一般教養の天才 - 小松公夫 - 専修大学松戸高等学校